小学生時、毎週日に観ていた番組『元気が出るテレビ』

それに出ていた”ジェット浪越”

あの頃は陽気で面白いおじいちゃんだなと笑いながら観ていましたが、

『あん摩・マッサージ・指圧師』の資格を取ってから、あの”陽気で面白いおじいちゃん”が、実は偉大な先輩だとは資格取得後、数年経ってからでした。

指圧の専門学校で校長をしており、先生として教壇に立つ時はとても厳しく恐れられていたそうです。

以前の職場で”ジェット浪越先生”の教え子だった方(元同僚の先輩)から聞いた話ですが、規律など人間育成にも厳しく教室のスリッパが乱れていたら激しく怒られたそうです‼(先輩から聞いた話ですが…)

 

あの陽気で面白いおじいちゃんが…(゜_゜)

 

あのキャラはテレビ用だったみたいで、本当のキャラ⁉は厳しかったんだとか…

 

「指圧の心は母心、押せば命の泉湧く」

 

当時は意味も分からずただ笑っていましたが、指圧師として仕事をしている現在では、すごく納得いく言葉です!